ochao

かりがね(茎茶)


【お茶】HOME > お茶紹介 > 日本茶 > かりがね(茎茶)

葉ではなく、茎の部分を集めたお茶を茎茶といいます。また、棒状であることから「棒茶」とも呼ばれ、茶柱が立ちやすく、縁起の良いお茶です。普通の煎茶とは成分や風味も異なり、香りは若々しく、爽やかな味わいが特徴です。
一般に煎茶から作られるのが主流ですが、玉露の茎だけで作られた茎茶は「雁音(かりがね)」と呼ばれ、島根県ではその見た目から「白折」とも呼ばれています。

かりがねは年一回しか収穫しない玉露の茎を使用した、茎茶の中の高級品。つやのある鮮やかな黄緑色をした茎で、均一の太さのものが良質とされています。一般的な茎茶よりもやや薄い水色ですが、玉露の甘味を持った品のある味わいと、若干とろみを感じる口当たりが特徴です。



Home > お茶紹介 > 日本茶 > かりがね(茎茶)

Copyright(C) 2005 ochao.com All Rights Reserved. 
info@ochao.com