ochao

大福茶


【お茶】HOME > お茶紹介 > 日本茶 > 大福茶

元旦の日、新たに始まった1年の招福息災を願いながら飲むのが大福茶です。千年余り前、平安時代のこと。 高僧空也上人が観音像に備えたお茶で、流行病に苦しむ人々を救ったことから大福茶という名が付いたと伝えられます。以来、お正月に家族の一年の幸福を祈り、悪水、悪気を払うお茶として服されるようになりました。梅、結び昆布、山椒の実などを湯、または緑茶に入れて飲みます。

「口に入れる最初の食べ物として」「雑煮の後に」など、家によって飲み方は違のですが京都は茶道が盛んな地域であることから、井戸でくんだ若水を使うというこだわり派も多いとか。大福茶に欠かせない梅は、毎年「事始め」の12月13日から終い天神(25日)のころまで行われる北野天満宮で授かる「大福梅」を使っている家庭が多いそう。境内で採取した梅を一つひとつ塩漬けにしているそうです。 年末になるとお茶を扱うお店では、神社で祈願した緑茶やあらかじめ梅ぼしを一緒に入れた大福茶セットなどが並び、迎春ムードが漂うそうです。



Home > お茶紹介 > 日本茶 > 大福茶

Copyright(C) 2005 ochao.com All Rights Reserved. 
info@ochao.com